FT-001S

GPS common-view時刻比較受信機

*写真をクリックしていただくことで拡大してご覧になれます。

FT-001シリーズ時間周波数遠隔校正装置は、時間周波数遠隔校正のために開発された機器で、GPS衛星コモンビュー法を用いて、上位機関との間の校正を自動的に実施する機能を有しております。
さらに、ネットワーク接続を行うことにより、内蔵発振器を産業技術総合研究所の時間周波数標準に対して高精度に同期することを可能としており、安価に信頼性の高く不確かさの小さい基準信号を提供することを可能としています。
FT-001SH型は、横幅約21 cmの卓上版で、各事業者殿の標準室や校正室での活用を想定して開発されたもので、ユーザのニーズに合わせTCXO, ダブルオーブンOCXOなどの内蔵発振器をオプションとして準備しております。

FT-001 series devices are developed for the remote time and frequency calibration.
It uses the GPS common-view method to realize remote time and frequency calibration between the client site and the calibration laboratory site automatically.
It has a special function called NMI-DO which realizes synchronization of the internal oscillator to the national time and frequency standard, if the NMI publishes the GPS data via web site.
FT-001SH type is designed to be used at a desk top of the client site.

GPS 受信部 受信信号 L1(1574.42 MHz), C/A code
同時受信可能衛星数 50 channels
受信感度 -160 dBm
基準信号 入力 (時刻比較機能時) 1 pps or 10 MHz
出力 (内蔵発振器動作時) 10 MHz/1 port
1 pps/1 port
時間周波数比較 フォーマット CGGTTS format(毎秒、15秒も可能)
同期機能 NMI(J)-DO または GPS-DO
受信アンテナ Option #51 小型アンテナ(ケーブル5m付き)
Option #52 屋外設置型
サイズ 19インチラック 2Uサイズ
88(H)×430(W)×350(D) mm
電源 100-240VAC, 50W以下
(内蔵発振器による)
使用温湿度範囲 0~+50℃、20~70%

国家標準自動同期機能搭載(NMI-DOモード)

インターネット経由で国家標準との時刻差を計算し、自動で差が0になるよう搭載発振器の周波数を補正致します。これにより搭載発振器は国家標準に同期し、高安定な信号を使用することが可能です。また、ネットワークの不良時は自動でGPS同期に切り替わるため、セキュア性も保たれております。もちろん出力に対して遠隔校正も可能です。

外部発振器時刻比較機能搭載(時刻比較モード)

現在お使いの発振器より10 MHzまたは1 PPSが出力されていれば出力を本製品に入力
していただくことで、時刻比較が可能です。
このデータを使用していただくことで、その場で発振器を使いながらに校正を
行うことが可能です。従来の持ち込み校正時よりもはるかに時間的コスト、運搬コスト並びにリスクの縮小が可能になります。

用途に応じた発振器を選択できます

ご使用いただく目的、必要なスペックに応じて搭載する発振器を選択することが可能です。
FT-001Sの場合、TCXO,OCXO,ルビジウム,ダブルオーブンOCXO,BVA,が選択可能です。
各発振器のスペックはカタログをご覧ください。