「ものづくり・商業・サービス革新補助金」でマルチGNSS方式周波数遠隔校正用端末装置の開発を開始しました。

平成26年度補正予算「ものづくり・商業・サービス革新補助金」でマルチGNSS方式周波数遠隔校正用端末装置の開発を行うもので、GPSに加えてロシアのGLONASS、中国のBeiDou といった複数の衛星測位システムを用い、利用可能な衛星を飛躍的に増やし、比較精度や信頼性を竹めることを目的に開発を進めています。

カテゴリー: ニュース パーマリンク